茶封筒


おっと!!

お友達との約束の時間が迫っていて
早く行かないとって思いながら玄関に向かうと

茶封筒に見たことある懐かしい文字
大学時代からの友達からでした

んん?? 何か入ってるのかな??
封筒を開けてみると…


b0138748_14324756.jpg



ストラップ??
一緒に手紙が入ってました


  体の方は、どうですか??
  ゆっくり いっぱい話したいけど、
  なかなか時間がなくて…
  メールしようと思ったんだけど、
  自分の文字で送りたいって思い 手紙書きました
  体も心配で おまもりを送ろうと思いつつ
  知り合いの店で作ってもらいました
  ハッピィがいっぱいあるように祈ってマス



あなたが私を気にかけてくれたことが
こうやって手紙を書いてくれたことが
ステキなプレゼントをしてくれたことが
私の中で最も大きな“ハッピィ”だよ

この場を借りて

ホントに ホントに ありがとう


彼女とは同じ大学で知り合いました
学部も違ったし、唯一の共通点がサークル
サークルも人数多かったから接点なんて
飲み会くらいしかまともに話すこと無かったのに
いつの間にか仲良くなって
活動も担当も一緒になったことは無いのに
何故か意気投合してた
大学の3~4年生の時は
ほとんど会ってないし、メールするくらいだった
大学を卒業して、車で行けるところに就職したから 
何度か会ったね
でも会ったのはいつも彼女に何かあった時だった
何か役に立ちたくて
夜勤明けや夜勤の前夜に会いに行ったよね
私なんかより彼女は悲しいことも辛いこともちゃんと受け止めてた
私が結婚のために地元に帰ると同時に彼女も地元へ帰った
それからは会える機会を逃しまくって
手紙のやりとりだけで今に至る


不思議な繋がり


もっともっと思い出はあるけど
恥ずかしいからね^^
きっと見てるだろうし
コメント待ってるよ~

大切にするよ
心も体も
元気になったら
必ず会いに行くからね
(コブ付きだけど)


[PR]
by michigoe-kojima | 2008-05-30 14:58 | I,my,me,mine,